確認する

ウーマン

小顔効果のあるボトックス注射をうけるときは、メリットだけではなくデメリットも知っておくようにしましょう。デメリットを知っておくことで、施術後の違和感や失敗した場合でも直ぐに対応してもらうことができます。小顔効果のあるボトックス施術は、注射器を使って患部に挿入していきます。そのため、注射が苦手という人には向いていません。美容クリニックによっては痛みをできるだけ、軽減するために針の細い注射器を使ったり、麻酔クリームを塗ったりする場所もありますが、ほとんどの美容クリニックでは麻酔クリームを使用せずに施術を行ないます。そのため、多少の痛みを感じてしまうことがあるでしょう。また、注射器を挿入することで内出血を引き起こしたり、腫れてしまうこともあります。この症状は、挿入するボトックスの量によって異なるため事前に医師に確認しておいた方が良いでしょう。その他にも、直ぐに効果を実感することができないというデメリットもあります。小顔効果が出始めるのは、施術を受けてから約1ヶ月頃の時期です。施術を受けると徐々に顔の筋肉が細くなっていき小顔になることができるため、筋肉が細くなるまでの期間が必要になるのです。そして、もっとも大きいのは定期的に施術を受けなければいけないということです。一度目の施術から数ヶ月は小顔効果を実感することはできますが、半年程経ってしまうと効果が薄れてしまいます。効果が薄れてしまうと元の状態に戻ってしまうため、効果を長続きさせたい人は定期的に通うようにしましょう。また、通い続けることでコストもかかるため、出費が増えるというのもデメリットの一つと言えます。このように、幾つかのデメリットはありますが、小顔になれたと実感している女性も多いため、デメリットを受け入れて、リスクを回避する方法を医師に聞きながら挑戦してみるのも良い方法です。もっと詳しい情報を調べたいという人は、ボトックスについてインターネットで調べてみるか実際に美容クリニックに行ってカウンセリングを受けてみると良いでしょう。